令和3年度表彰事業

第5回NITS大賞

「子供一人一人が輝ける場となるように ~教師の働きがいを再構築する学校づくり~」

1. 実施主体

2. 事業の目的

「NITS大賞」は、独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)が、学校をとりまく課題の解決に向けてチーム学校で実践した取組を広く募集し、表彰・公開することにより、教育の現場に優れた取組を普及していく事業です。

今年度は、主題を「子供一人一人が輝ける場となるように~教師の働きがいを再構築する学校づくり~」とし、子供たちを主語にするために、教職員が主語となり、教職員、児童生徒、保護者、地域の方々などの多様な人々との協働を含め、のびのびと楽しく誇りを持って学校改善に取り組んだ教育実践を募集します。

学校を挙げて課題に向き合い、改善していく様子を通して、教職員の思いや直向きさを広く伝えることで、全国の学校現場における更なる相乗効果を図ります。

3. エントリー要件

新学習指導要領の着実な実施や、学校における業務改善への取組、新しい生活様式への対応など、一人一人の子供を主語にする学校教育の実現に向けて、多様な人々との協働を含め、のびのびと楽しく誇りを持って学校改善に取り組んだ実践活動

4. エントリー資格

「3. エントリー要件」に示す実践活動に主体的に参画した個人または団体(教職員、児童生徒、保護者、地域の方、及びその関係団体等)

5. 審査

(1) 審査基準と審査方法

①審査の観点

審査はいずれも、下記の4つの観点から行います。

  1. 課題の的確性
    学校や児童生徒の現状を把握し、現状を踏まえた課題の解決に向けて目標を設定し、取り組んでいる
  2. 先進性
    取組の方法や内容に発展性があり、他と比べて先進している
  3. 汎用性
    同様の課題を抱えた学校が、取組の方法や内容、工夫点などを参考にできる
  4. 効果・影響力
    その取組を行ったことにより、学校の改善に繋がり、教職員や児童生徒にポジティブな影響をもたらしている

②審査方法

数名の審査委員により審査を行います。

〈一次審査〉

エントリーシートにて審査を行います。審査の観点に基づき、書類審査で十数点を選出します。

〈二次審査〉

オンラインによるプレゼンテーション審査(10分)を行います。審査の観点に基づき、議論形式で大賞1点、優秀賞10点程度を選出します。プレゼンテーションの詳細については、「8. エントリー方法と留意点」「(2)エントリーにあたっての留意事項」の②を参照してください。

(2) 審査委員

後日公開します。

(3) 審査結果の通知方法

後日公開するとともに、受賞者には別途お知らせします。

6. 賞

各賞は、一次審査(書類審査)で選出された十数点の中から、二次審査(プレゼンテーション審査)にて決定します。

7. 事業の流れ

  1. エントリーシート提出期間〈令和3年9月1日(水曜日)~令和3年11月10日(水曜日)【必着】〉
  2. 一次審査(書類審査)〈令和3年11月中旬~12月中旬〉
  3. 一次審査通過者への連絡、及び発表準備〈令和3年12月下旬~令和4年1月下旬〉
  4. 二次審査(オンラインによるプレゼンテーション審査)〈令和4年2月上旬〉
  5. 二次審査結果発表(令和4年2月下旬)
  6. 事例集を機構ウェブサイトに掲載〈令和4年3月〉

8. エントリー方法と留意点

(1) エントリーのための必要提出書類と提出方法

エントリーのための必要提出書類と提出方法は以下のとおりです。

①必要提出書類について

番号 書類名 様式 提出部数
ⅰ) 様式1をExcel形式にて提出 電子媒体1部
ⅱ) 様式2をWord形式、及びPDF形式にて提出
  • 必ずA3用紙1枚(片面)にまとめること
電子媒体各1部

②必要書類提出期間

令和3年9月1日(水曜日)~令和3年11月10日(水曜日)

③提出方法と提出先

提出期間内に、下記送信先メールアドレス宛に送信してください。
送信先メールアドレス:award@ml.nits.go.jp

(2) エントリーにあたっての留意事項

時期 令和4年2月上旬(一次審査通過者には、1月上旬までに事務局より連絡します。その際に、発表日の日程調整も行います)
方法 ウェブ会議ツールによるオンライン発表
内容 10分間のプレゼンテーション(発表の中で動画等を用いることも可)

なお、プレゼンテーションの様子は、録画して後日機構ウェブサイトにて公開する予定ですので、プレゼンテーションの映像公開が可能であることを承諾の上で応募してください。

ダウンロードデータ

ピックアップ