生徒指導研修 9日目

今日の午前は「ユニットミーティング」とユニットの代表者による「研修成果の発表」を行い、午後は、各ユニットから選出されたパネリストによる「パネルディスカッション」、今日のまとめの「指導講評」「振り返り」でした。受講者に本日の感想を伺いました。 「今日は、研修成果の発表会や生徒指導に関して行っている取組について聞いて、改めて教員のよさを感じました。教員の仕事は、やるべきことがたくさんありますが、やりがいもあります。私は現在、教育委員会で働いていますが、現場に戻りたいと強く思いました。特に印象に残ったのは、同僚性についての話で、子どもたちの間で仲が良いことも大切ですが、働いている教員の間のコミュニケーションも大切で気軽に話をしたり、相談したりできる環境をつくっていかなければ、やりがいのある仕事はできないと思いました。」 「午前の発表では、各ユニットからの研修成果の報告がありました。学校の中でどういう風に研修で学んだことを高めていき、活かしていくのかを発表したり、協議したりしました。どのユニットも参考になる良い内容でしたが、私は、特にスマートフォンやSNS関係のトラブルが増えているため、その対応について校内研修等で共有し、深めていきたいと思いました。」 「教員に求められる指導力には、魅力のある学校づくりがありますが、今日の研修では、子どもたちの心に灯りをともすこと、そして、進みたい道に進ませることが、教員に必要な専門性だという話がありました。私も同じことを考えて教員をしてきたので、今日の話を聞いて元気をもらいました。」 明日は研修最終日を迎えます。

ピックアップ