学校保健を推進するために

今日は「健康教育指導者養成研修(第2回)」の3日目の研修を行いました。 午前は、昨日に引き続き部会に分かれ、それぞれ「保健教育の在り方」「学校保健マネジメント」「保健管理の在り方」をテーマに講義・演習を行いました。 午後も部会別に講義・演習を行い、その後、「学校における医薬品の教育の在り方」の講義・演習を行いました。受講者に今日の研修の感想を伺いました。 「昨日と今日の2日間、指導案の作成に取り組みました。同じグループの受講者と、長時間協議することができたので、それぞれの地域での取組など、様々な意見を聞くことができました。協議が行きづまることもあり、大変に感じましたが、学校現場に戻って活用できる成果物ができたという達成感があります。」 「部会別の講義・演習では、学校保健マネジメントを学びました。保健主事のマネジメント力の必要性や、周囲の人を巻き込んで学校保健を推進していくことの大切さを感じました。演習では、グループでそれぞれの意見やアイディアを出し合い、自分にはなかった視点からの考えを聞くことができました。演習で成果物を作成することを通じて、自校の学校保健について見直していくヒントも得られたと思います。」 「午後の講義は、医薬品についてのお話でした。指導の方法について、具体的な教材や資料などを提示していただけたので、とても分かり易かったです。演習では、グループで企画を作成しました。医薬品に関する教育についての理解を深めることができ、実践に向けての意欲が高まりました。」 明日は、「健康教育指導者養成研修(第2回)」の最終日です。

ピックアップ