中堅教員研修 2日目

本日は、午前に国立青少年教育振興機構の田中壮一郎前理事長による講義「地方教育行財政制度」、午後に筑波大学德永保教授による講義「教育法規Ⅰ」を行った後、ユニットごとのグループに分かれ「学校運営演習①」を行いました。 受講者に、本日の研修を受けて感じたことを伺いました。 「午前の講義では、教育行財政制度のこれまでの経緯とこれからの動向について、楽しくお話を聴くことができました。普段生徒と接する中では直接関わりの少ない内容ではありましたが、教育活動を行う根っこの部分を支えてくれている制度に違いはありません。目の前のことに追われがちになっていたところ、改めて足元を見直すきっかけとなりました。」 「午後の講義では、いつもの何気ない教育活動がすべて法律によって裏付けられていることがわかりました。新学習指導要領も法律に書かれている内容を基に作成されているということがわかり、極端に言えば、私たちは法律に書かれていることをシンプルに実行していけばいいんだなということに気づきました。」 「グループの皆さんと法律について真剣に考え、時間があっという間に過ぎていきました。普段、校長などの上司から指示されて業務や対応をすることがありますが、そうした一つひとつの行動すべての根拠が法律にあるということを実感できました。5人という少人数グループでの演習だったことで、お互い意見交換や確認をしながら進めることができ良かったです。」 24日は一日、講義「教育法規Ⅱ」を行います。

ピックアップ