産業・情報技術等指導者養成事業

目的

本事業は、学校における実習等の授業の質の向上を図るため、急速に発展・進歩する産業技術、情報技術等について、情報化・技術革新その他社会情勢の変化に適切に対応した最新の知識・技術を習得させ、受講者が各地域で行われる研修の講師等や各学校への指導・助言等を行うことを目的としている。

内容(全てオンラインによる実施)

農業 A-1

地域の振興や資源の活用に関する講義や農業教育における「主体的・対話的で深い学び」に関する演習及び先進農家での演習等を通して、地域と連携したプロジェクト学習等の指導に関する技術の取得を目指した研修

工業 B-1

高等学校学習指導要領の教科「工業」の各科目について、生徒が課題の発見・解決に向けて主体的・協働的に学ぶような授業の改善にむけて、講義や演習を通して、指導力を高めることを目指した研修

商業 C-1

中止

水産 D-1

中止

家庭 E-1

衣食住、保育などのヒューマンサービスに関わる生活産業の最新情報や消費者教育の推進に向けた講義、演習を通して、家庭科の指導力を高めることを目指した研修

看護 F-1

シミュレーションやICTを活用した指導法は、新学習指導要領や新看護師養成カリキュラムの改正の趣旨、効果的な演習の在り方などにおいても挙げられ、重要視されてきていることを踏まえ、大学の施設等での講義・演習により実践的に学ぶことで、指導力の向上を目指した研修

情報 G-1

Pythonを使ったプログラミング、Rを使ったデータ分析、Mathematicaを使った数式シミュレーション、デジタルプロトタイピングツールの使用、専門教科情報科に関わる内容など、新学習指導要領で必要な技術と教え方の取得を目指した研修

福祉 H-1

大学教授による「介護過程の教授法」の講義・模擬授業、「多職種連携」の講義、「実習の事前指導、連携会議の持ち方」についての事例展開や模擬会議をロールプレイするなどの演習を通して、生徒が地域での継続した生活を支援する介護過程の展開ができるように指導力向上を図るとともに、サービス利用者の支援の中にどのように多職種協働を取り入れていくのか、その方法を検討する研修

技術・家庭(技術) I-1

材料と加工、生物育成、エネルギー変換、情報等のテクノロジーについて理解させるとともに、これらを用いて社会における問題を解決できる資質・能力を育成するための指導と、学習評価に関する研修

技術・家庭(家庭) J-1

新学習指導要領を踏まえた食育、幼児・高齢者理解、消費生活における講義、演習などを通して、調理や幼児・高齢者との関わり方などに関する知識の習得を目指した研修

受講者

定員

教科 定員
農業 A-1 20
工業 B-1 20
家庭 E-1 20
看護 F-1 25
情報 G-1 20
福祉 H-1 40
技術・家庭(技術) I-1 20
技術・家庭(家庭) J-1 20

開催期間・開催場所

教科 開催場所 開催期間
農業 A-1 オンラインによる実施 令和3年8月16日(月曜日)~8月20日(金曜日)
工業 B-1 オンラインによる実施
(一部対面での参加も可)
令和3年8月19日(木曜日)、20日(金曜日)、
23日(月曜日)、30日(月曜日)、31日(火曜日)
家庭 E-1 オンラインによる実施 令和3年8月23日(月曜日)~8月25日(水曜日)
看護 F-1 オンラインによる実施 令和3年8月23日(月曜日)~8月25日(水曜日)
情報 G-1 オンラインによる実施 令和3年8月2日(月曜日)~8月6日(金曜日)
福祉 H-1 オンラインによる実施 令和3年8月17日(火曜日)~8月19日(木曜日)
技術・家庭(技術) I-1 オンラインによる実施 令和3年7月26日(月曜日)~7月30日(金曜日)
技術・家庭(家庭) J-1 オンラインによる実施 令和3年8月2日(月曜日)~8月4日(水曜日)

ダウンロードデータ

受講案内(受講者へのお知らせ)

更新履歴

令和3年7月6日
受講案内を掲載
令和3年6月7日
事業内容の一部変更を掲載
令和3年5月10日
令和3年度実施要項を掲載
令和元年7月1日
受講案内を掲載
令和元年5月7日
令和元年度実施要項を掲載
平成30年6月29日
受講案内を掲載
平成30年5月15日
平成30年度実施要項を掲載

ピックアップ