食育指導者養成研修

目的

食は、人間の活動の源であり、健康の維持のほか意欲や気力といった精神面の充実に大きく関わっている。そのため、子供には、食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身につけさせることが大切である。食生活の乱れや肥満・痩身傾向等、子供の食に関する課題を解決するためには、学校を核として家庭と連携し効果的に子供の食に関する自己管理能力の向上を目指すことが重要となる。

本研修では、学校全体で校長のリーダーシップの下に、日々の教育活動、学校の資源を一体的にマネジメントした各学校や地域の実態等に即した食育推進のための方策を学ぶ。さらに、学校が組織的に子供たちの食育を推進することで、1) 子供たちの食に関する諸課題の改善に専門的知見を活用し、組織的な取組を推進する力、2) 学校、地域の教職員の専門性向上を推進する力、を習得した指導者の養成を図る。

期間

令和3年10月25日(月曜日)~10月27日(水曜日)

実施方法

Web会議サービスを用いた同時双方向通信によるオンライン研修

定員

120名(6ユニット)

受講者

ダウンロードデータ

更新履歴

令和3年9月2日
令和3年度実施要項掲載
令和2年10月19日
受講案内掲載
令和2年9月7日
ページ作成

ピックアップ